News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ワークウェアスーツ」がリブランディング ブランド名を「ダブリューダブリューエス」に変更

Feb 17, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW49
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

オアシススタイルウェア社は2月16日、「ワークウェアスーツ(WWS)」のブランド名を「ダブリューダブリューエス(WWS)」に変更し、作業着スーツから「Be Borderless」をスローガンにシーンレス・シーズンレスに着用できるボーダレスウェアブランドにリブランディングした。

新型コロナウイルスによるニューノーマル時代の突入で、 仕事とプライベートの垣根がなくなり、シーンレス・シーズンレスに着用できる商品に注目が集まっている。それらの商品を「ボーダレスウェア」と新定義し、作業着スーツだけでなく消費者の変わりゆくライフスタイルに寄り添った商品を提供する「今の時代に合うボーダレスウェアブランド」として新しく生まれ変わり、機能的でTPOを選ばない普遍的かつシンプルなデザインのボーダレスウェアを提供していく。新しいロゴはサン・アドのアートディレクターである葛西薫が監修。「WORK WEAR SUIT」を「WORKWEAR」と「SUIT」の2単語に分け、各々の出自を可視化。“水道工事業発祥”を連想させる爽やかな水色を採用し、撥水性やフレッシュさを演出した。キービジュアルには、ママアスリートでさまざまな垣根を超えてきた女子100mハードル日本記録保持者の寺田明日香を起用した。

「ダブリューダブリューエス」では、これまでと同様に季節ごとのトレンドを追わない普遍的なデザインを重視し、一定の商品数を保ち余剰在庫を保持しない商品開発を行うことで、大量廃棄などのアパレル業界が抱える環境問題の解決策になるようなサスティナブルなブランドを目指すという。

また、リブランディングを象徴する商品として、2月17日から「WWS Biz モデル」を発売。従来のワークモデルよりすっきりとした立体的なシルエットに仕立て、着用シーンを選ばないデザインで、「Biz テーラードジャケット」(1万9,800円)、「Biz フルレングスパンツ」(1万3,200円)「Biz アンクルパンツ」(1万3,200円)の全3型を展開する。胸ポケットはワークモデルのファスナーポケットから出し入れ可能なフェイクチーフ付の箱ポケットに変更。よりフォーマルな印象に仕上げるため、フロントポケットにはフラップをつけた。パンツはセンターラインを入れることで、洗練された雰囲気を演出。ウエストゴムとウエストドローコードでベルト無しでも着用することができる。生地にはオリジナル素材の「アルティメックス(ultimex)」を使用し、ストレッチ性と速乾、撥水、多収納、水洗い可、イージーケアの機能性を実現した。キービジュアルモデルには、40歳を超えてもなお格闘家として現役で活動し、“闘う男”の象徴としてさらなる挑戦を重ねる所英男を起用した。

「WWS Biz モデル」は、公式オンラインストアと「ダブリューダブリューエス」公式ストア5店舗で販売する。

READ MORE