News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「エックスガール」と「アトモスピンク」がタッグを組んだ新プロジェクトがスタート

Feb 18, 2021.関根美紅Tokyo,JP
VIEW146
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「エックスガール(X-glrl)」と「アトモスピンク(atmos pink)」がタッグを組み、「ナイキ(NIKE)」の販路限定アイテムをフィーチャーするマンスリー企画がスタートした。「モノ」ではなく「コト」のコラボレーションとして、「エックスガール」、「アトモスピンク」がそれぞれオリジナルのエディトリアルを発表。第1弾アイテムとして「WMNS AIR JORDAN 1 SILVER TOE」のハイカット、ローカットを2月19日に発売する。

「ナイキ」の「WMNS AIR JORDAN 1 SILVER TOE」は、ブランドが誇る不朽の名作である「AIR JORDAN 1」シリーズの最新作となるモデルだ。過去に一度リリースされ、大きな話題を呼んだ「AIR JORDAN 1 GOLD TOE」の最大の見どころであったゴールドのエナメルを、宇宙開発や飛行の未来をイメージしたシワ感のあるシルバー素材に変更し、大幅なアレンジをプラス。バランスの取れた配色はもちろん、つま先やシュータン、履き口にブラックの天然レザーのオーバーレイを施し、クォーターパネルとミッドソールにはホワイト、足首部分やヒール、トゥボックスにシワ感のあるシルバーのディテールをあしらったことで、フィーチャリスティックなムードが漂うトレンドライクな仕上がりになっている。

フットウェアでは、コーディネートのアクセントとなるピンクカラーと落ち着いた印象を与えるベージュカラーをベースに、アウトドアシーンにおいて夜間の視認性を高める最高級リフレクター「3M」を使用するなど、ファッションと「アウトドア/ハイキング」が調和したディテールを搭載している。
今回発表する「エックスガール」オリジナルのエディトリアル第1弾では、モデルに限らずアーティスト活動や自身が手がけるヴィンテージショップの運営などマルチな才能を発揮する、原宿シーンの次世代アイコンとして注目を浴びるアヤ・グルーミー(Aya Gloomy)とそのステディであるモデルのマネ(Mahne)を起用した。

ルックビジュアルでは、東京のファッション中心地である原宿シーンや高感度な若者たちから絶大な信頼を得ていて、なおかつマルチ&クリエイティブな活動で人気を不動のものとするアヤとマネのパーソナルな魅力を最大限に生かした夜のロケーションで、スナップ形式な撮影を敢行。また「ナイキ」の代表作というカテゴライズにとどまることなく、最もクールなスニーカーの代名詞とも言える「AIR JORDAN 1」シリーズの存在感とも相まって、親和性の高いビジュアルに仕上がった。

今回カップルでのモデルを起用した意図として、メンズのスタイルだけではなく、女性からも高い支持を受ける「AIR JORDAN 1」シリーズにあって、カップルでのペアルック的な履きこなしや、ジェンダーレスに愛される本作の魅力や現代の社会性とのマッチングを表現している。

また夜のロケーションでのストロボなどのライティングによって、デザインの見所であるメタリックシルバーのカラーや光沢が美しく映し出されているのもポイントだ。またルックビジュアルとは別に、「エックスガール」では今回のエディトリアルのために撮影されたスペシャルな映像を各モデルで2パターン制作。第1弾となる「WMNS AIR JORDAN 1 SILVER TOE」のモデルでは、クールな東京を想起させる夜のストリートを彷徨う二人のニュージェネレーションなカップルシューティングを決行。写真では表現しきれない、スニーカーのディテールや動きのあるカットで、よりイメージのしやすいビジュアルに仕上がっている。

READ MORE