News
  • share with weibo

Global|アシックスがランニングに関する意識調査を世界規模で実施

Jun 10, 2020.関根美紅Tokyo,JP
VIEW95
  • share with weibo

アシックスは、4月1日から5月31日にかけて、定期的にエクササイズを行っている世界12カ国の14000人を対象に、新型コロナウイルス感染症影響下におけるランニングに関する意識調査を実施した。その結果、新型コロナウイルス感染症拡大前から定期的にエクササイズを実施していると回答した人の36%が、外出自粛前よりも活発にエクササイズをしていることがわかった。また、全体の79%の人がランニングやエクササイズによって気分が晴れ、自分自身をコントロールできていると実感し、65%の人がランニングは精神面におけるメリットがあるとしている。さらに、73%の人が、新型コロナウイルス感染症拡大が収束した後も、同じように走り続けたいと考えていることも確認された。この意識調査から、ランニングに対して身体面での健康維持だけが目的ではないことが分かった。

また、同社が提供するフィットネス・トラッキング・アプリ「ASICS Runkeeper(アシックス ランキーパー)」のデータから、あらゆるレベルのランナーがより頻繁に、より長い距離を走っていることが明らかになった。「ASICS Runkeeper」の2020年4月の登録者数は、昨年の同時期と比較して世界で252%増加(日本では373%増加)し、月間アクティブユーザーは44%増加(日本では63%増加)した。

READ MORE