News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ビームス」がビニール製ショッピングバッグを廃止しコットン製の同型バッグを販売開始

Apr 25, 2021.藤田彩夏Tokyo, JP
VIEW46
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「ビームス(BEAMS)」は、5月1日よりこれまで親しまれたビニール製の斜めがけショッピングバッグを廃止し、コットン製の同型バッグの販売を開始する。今回廃止が決まったビニール製のショッピングバッグは、「ビームス」が創業10周年を迎えた1986年に誕生した。ドローコードで口を絞って斜めがけできる利便性や、繰り返しの使用が可能な耐久性、インクの乗せ方や組紐の編み方など細部までこだわったデザイン性から、無料配布のショッピングバッグでありながら、長く親しまれてきたアイテムだ。時代の流れの中で、廃棄時の分別や石油資源への依存軽減などに着目して改良がなされてきたが、創業45周年を迎えるこのタイミングでコットン製バッグへの切り替えに踏み切った。年間39万枚を用意していたビニール製バッグを廃止することで、いずれ廃棄されるプラスチック資材の量を減らし、さらにリユーザブルなコットン製バッグを用意することで、ファッションの買い物において都度ショッピングバッグを消費する前提を変えていこうという取り組みである。
また、1999年より続けてきたリデュース活動では、全国の「ビームス」直営店店舗での会計の際にショッピングバッグの不要を申し出ると、1件ごとに100円が公益財団法人オイスカ「子供の森」計画へと寄付される。これまでの寄付額は3,000万円を超え、海外の子供たちの緑化活動や人材育成に役立てられている。今回のコットン製ショッピングバッグの導入に伴い、今後はコットンバッグの売上の10%にあたる50円を寄付する形で継続される。
この他にも、「ビームス アウトレット」「ビームス ゴルフ」各店でショッピングバッグ本体に加え、表面のラミネート加工、取っ手部分に至るほとんどのパーツを紙やコットンに置き換えるリニューアル、「ビームス」本社オフィスと一部店舗で来客用に提供される飲料水のパッケージ素材見直しなどサステナビリティを改善する取り組みがなされている。新しいショッピングバッグは、GOTS認証を受けた100%オーガニックコットンで作られており、「ビームス」店舗での商品購入者を対象に550円で販売される。

READ MORE