FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

クラシコとエランが入院患者のための新ブランド「リフテ」を共同開発

May 13, 2022.大澤文Tokyo, JP
VIEW26
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

メディカルアパレルブランドのクラシコは、入院セットサービスを提供するエランと共同で入院患者のための患者衣ブランド「リフテ(lifte)」を開発した。クラシコはテーラード技術を用いて医療従事者のための白衣を開発・販売してきた。これまでにクラシコは「ロンハーマン(Ron Herman)」や「ジェラート ピケ(gelato pique)」とコラボした白衣やナースウェアを販売してきた。

「リフテ」は、実際に医療機関で患者の声を聞いて生まれたブランドだ。リサーチの結果、着心地の良さと機能性を追求した患者衣を作るべく製品開発をスタートしたという。開発を進めていく中でネックとなっていたのが、リネンサプライ業者による大量の患者衣の工業洗濯だ。度重なる工業洗濯に耐えながら、柔らかさ、風合いを長く感じられる素材を求めて、生地メーカーの協力のもと糸からオリジナルの生地を2年半かけて開発したという。

デザインは甚平と浴衣の2タイプで、カラーはピンクベージュ、ダスクブルー、グレー、バーガンディの4色から選べる。胸元がはだけにくく、お見舞いや面会の時にもきちんと見えるような作りになっている。また、運用のしやすさも特徴である。襟元のパイピングの色や、甚平タイプのトップスとズボンについているサイズリボンで、どんな畳み方をしてもサイズが一目でわかる。患者と医療現場、リネンサプライ会社のそれぞれに配慮した患者衣だ。

READ MORE