News
  • share with weibo

Japan|「コンバース スケートボーディング」と「ユニオン」とのコラボシューズが登場

Jul 1, 2020.酒井響子Tokyo,JP
VIEW57
  • share with weibo

「コンバース(CONVERSE)」の国内発スケートライン「コンバース スケートボーディング(CONVERSE SKATEBOARDING)」の20FWシーズンがスタートした。「CONVERSE SKATEBOARDING “+ SERIES”」からは、ロサンゼルスと東京を拠点とする「ユニオン(UNION)」の別注モデルが登場。アーカイブの「ALL STAR Ⅱ」をベースにCHEVRON & STARの象徴的なロゴやアッパー各所をテープでカスタマイズしたようなデザインになっている。また、「ユニオン」ならではのユニークなデザインに、安定性を確保するカップインソール「REACT HD」やアクティブな動きをサポートするインナーホールドシステムなど、「CONVERSE SKATEBOARDING “+ SERIES”」のスペックを搭載した。マットホワイトにアレンジしたアイレットや、ヒールに配された「UN / LA」ラベルなどディテールワークも見逃せない。カラーはブラック、オレンジの2色展開。価格は1万3,000円(税抜)。7月10日より「ユニオン トーキョー(UNION TOKYO)」「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」、7月17日より「ホワイトアトリエバイコンバース(White atelier BY CONVERSE」「コンバース」公式オンラインショップにて発売する。

 

READ MORE