News
  • share with weibo

Japan|ファンケルが「チオレドキシン」に皮膚内部の線維構造を改善する効果があることを発見

Jun 24, 2020.関根美紅Tokyo,JP
VIEW49
  • share with weibo

ファンケル(FANCL)は、生体内に存在するタンパク質「チオレドキシン」に、皮膚の真皮内にある「コラーゲン線維および弾性線維の構造を改善する効果があること」を新たに発見した。
ファンケルではこれまで、アンチエイジングの研究として加齢とともに生じるシワやたるみの原因解明を行ってきたが、本研究によって、従来紫外線や加齢などで変性、喪失をしてしまうと再構築は困難であると考えられてきたヒトの皮膚内部の弾性線維が、再構築を促進できる可能性があると明らかにした。同社は今後、シワやたるみを予防または改善する化粧品の開発やメカニズム解明に貢献するとしている。

READ MORE