News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ザ・ギンザ」が初のフレグランスを発売 ボトルは日本の職人がすべて手作業で製作

Jan 7, 2021.酒井響子Tokyo,JP
VIEW85
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

資生堂のプレステージスキンケアブランド「ザ・ギンザ(THE GINZA)」は、初のフレグランス「ザ・ギンザ パルファム」「ザ・ギンザ オードパルファム」を発売する。1月8日より日本国内の直営店およびオンラインショップにて先行発売し、2月1日より「ザ・ギンザ オードパルファム」を国内免税店舗にて販売する。

新商品の「ザ・ギンザ パルファム」「ザ・ギンザ オードパルファム」は、銀座に咲き誇る菩提樹(リンデン)の花を基調とした香りだ。トップノートは国産スダチの天然香料がフレッシュに香り立ち、ミドルノートはまるでフローラルブーケを身に纏うかのような癒しを与え、ラストは柔らかく深みのあるムスキーな香りが広がる。ボトルデザインは、ブランドとしてのシンプル・ミニマルな世界観に加えて、単なるスクエアではなく、フレグランスならではの“ゆらぎ”を表現。パルファムは、ゆらぎの表現をより可視化するため、その裏面の造形のみにオーロラ蒸着を施した。精巧で繊細な美しいパルファムのボトルは、全9工程におよぶ過程を日本の職人が一から手作業で製作している。

「ザ・ギンザ」のミューズである冨永愛は、「私にとってフレグランスは、特別な時や心の調子を整えたい時に使うことが多いです。癒されたい時や元気になりたい時、心の調和を図りたい時など、心にも影響のあるものだと思います。また、香りが記憶を呼び覚ますように、私たちへの影響は計り知れないと思います。「ザ・ギンザ オードパルファム」の印象は、誇り高く、優しく、とても癒されるような香りですね」とコメントしている。

 

READ MORE