News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|「ゴールドウイン」とスパイバーが構造タンパク質素材を使用したセーターの抽選販売を開始

Nov 10, 2020.関根美紅Tokyo,JP
VIEW144
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ゴールドウインのオリジナルブランド「ゴールドウイン(Goldwin)」は、スパイバーと2015年から共同で開発に取り組んできた、植物由来の糖類などを主原料とし、微生物を用いた発酵プロセスによりつくられる構造タンパク質素材「ブリュード・プロテイン™(Brewed Protein™)」を使用したサスティナブルなセーター「The Sweater」の抽選販売の受付を、11月10日に開始した。スパイバーは、山形県鶴岡市に拠点を置くバイオベンチャーだ。

「ブリュード・プロテイン™」製品化の第3弾となる「The Sweater」は、毛素材と「ブリュード・プロテイン™」を混紡してつくられたセーターだ。「ブリュード・プロテイン™」は、植物由来の糖類を主原料とし、微生物を活用した発酵プロセスによりつくられる「構造タンパク質」だ。その製造過程が酒類などの醸造(ブリューイング)過程に似ていることから「ブリュード・プロテイン™」と名付けられている。同素材は石油由来の原料に依存せず、アパレル分野におけるマイクロプラスチック問題に大きな役割を果たせる可能性を秘めていることから、持続可能な社会の発展に資する次世代の基幹素材と目されている。この世界的に注目される環境負荷低減と持続可能性を実現する素材を「ゴールドウイン」を通じて、日本のみならず欧米の市場に向けて販売することでブランドの価値向上と、企業の海外事業の拡大を図る。

READ MORE