FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「バナナデニム」とは? 「ジャパン ブルー ジーンズ」がバナナの廃材を再利用したデニムの新作を発売

Sep 14, 2021.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW71
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

国産デニムの発祥地、岡山・児島を代表する「桃太郎ジーンズ」などを展開するジャパンブルーは、「ジャパン ブルー ジーンズ(JAPAN BLUE JEANS)」から、大量廃棄されるバナナ材を再利用した「バナナデニム」コレクションの新製品を、9月18日から販売する。

「バナナデニム」とは、バナナの実や皮ではなく、バナナの茎から生み出した繊維を利用したデニムだ。バナナの木は一度実が生り収穫を終えると、二度目の実が生ることは無く、「ただの木」となってしまう。その結果、「ただの木」になったバナナの木は毎年伐採・焼却され、あるいは放置されることでCO2を排出し土壌汚染に繋がり環境問題となっている。

そんなバナナの木の茎を再利用し、バナナ繊維と高品質なコートジボワール綿の混紡糸を織り込み、試行錯誤の末に誕生したのが「バナナデニム」である。「バナナデニム」はサステナブルなだけでなく、優れた吸収性・吸湿性・耐久性を特徴としており、リネンに似た素朴な風合いがオシャレである。

今回発表された製品は、2020年から展開しているバナナデニムコレクションの新作。「イージーテーラードジャケット」(3万3,000円)、「イージースラックス」(2万4,200円)、「エコバッグ」(5,995円)の3アイテムが新たに加わり、9月18日からジャパン ブルー ジーンズ直営店と公式オンラインショップにて販売される。セットアップでも楽しむことができ、ビジネスカジュアルから休日スタイルまで幅広く使える大人のためのリラックスウェアとなっている。「バナナデニム」でエコにオシャレを楽しんでみてはどうだろうか。

READ MORE