FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ジル サンダー+」と「アークテリクス」初コラボのラインアップが公開 デザイン性と機能性の高さが融合

Nov 9, 2021.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW140
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ジル サンダー(JIL SANDER)」は、アウトドア向けに機能性にフォーカスしたラインである「ジル サンダー+(JIL SNADER+)」と、カナダ発のアウトドアブランド「アークテリクス(ARC’TERYX)」との共同のカプセルコレクションを11月20日からジル サンダー表参道ブティック、アークテリクス神戸ブランドストア、ジル サンダー公式オンラインストア にて発売する。両社のコラボレーションは今回が初となり、世界中から注目を集めている。

今回発表されたカプセルコレクションは、スキー、スノーボード、マウンテンスポーツと、「山」に焦点が当てられている。ラインアップは、アウターがユニセックスのパーカー(28万2,600円)と、ウィメンズのジャケット(23万8,700円)、メンズのジャケット(21万1,200円)の3型。加えて、ユニセックスのビブ付きパンツ(19万4,600円)と、ユニセックスのオーバーオール(31万6,800円)が揃い、全5型9アイテムとなっている。白と黒、そして氷河からインパイアーされたブルーグレーの3色でカラー展開されている。

コラボレーションのポイントは、「ジル サンダー」のクリエイティブディレクターを務めるルーシー・メイヤー(Lucie Meier)とルーク・メイヤー(Luke Meier)によるデザイン性の高いアイテムが、「アークテリクス」のエンジニアリング技術によって、機能面と構造面の精度も高められている点にある。アイテムには、防水・透湿性に優れた3Lゴアテックス・プロ生地と、耐候性レザーが使用されており、ディテールやトリム、ポケットやジッパーなどの全てが、機能性を高めるために慎重に研究されている。ウェア内側には、「アークテリクス」の特徴である、人間工学に基づくデザインに沿ったマイクロシームテープにより耐候性が高められている。

メイヤー夫婦は、「私たちは、山でウィンタースポーツを楽しみながら育ちましたが、高い性能と美しいデザインのバランスが取れたウェアを見つけることができませんでした。しかし、私たちが尊敬してやまないアークテリクス社の研究の厳格さと熱心さに惹かれ、デザインする機会を得ることができました」と語る。

「ジル サンダー+」と「アークテリクス」のコラボレーションは、デザイン性と機能性を磨き上げたアイテムが揃っているようだ。

READ MORE