News
  • share with weibo

Japan|「ジンズ」がブルーライト対策を提案 おうち時間増加によるデジタルデバイスの長時間使用に警鐘

May 21, 2020.酒井響子Tokyo,JP
VIEW588
  • share with weibo

「ジンズ(JINS)」は、自宅時間が増えスマートフォンやパソコンを長時間使用することが多くなったことに伴い、同社が発信する「ジンズ レター(JINS LETTER)」でブルーライト対策について取り上げた。

ブルーライトとは、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明から発せられる強⼒な⻘⾊光のこと。紫外線と波⻑が近い380〜500ナノメートルの光で、ヒトが⾒ることのできる光(可視光線)のなかでも⾮常にエネルギーが⾼く、体への影響が懸念されている。近年のデジタルデバイスの普及により、仕事はもちろん、学習や読書、ゲーム等にもタブレットやパソコンの使⽤が増えるなど、ブルーライトと接する時間は年々増加。ブルーライト対策は今や特定の人のためのものではないという。

「ジンズ」が手軽で有効な対策としておすすめするのは、ブルーライトカットメガネだ。メガネならデバイスや場所を選ばず、どこでも気軽に使⽤できる。また、カット率の異なるレンズや豊富なデザインのフレームが揃っているため、使うシーンや⽤途に合わせて選べるのもポイントだ。現在「ジンズ」では、オンラインショップ限定でブルーライトをカットするJINS SCREENレンズ(度付き対応可能)のオプションが通常5,000円を無料にするキャンペーンを実施している。

 

READ MORE