FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ケイト・スペード ニューヨーク」が2021 springキャンペーンを発表 渡辺直美も登場

Feb 18, 2021.関根美紅Tokyo,JP
VIEW74
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)」は、これから1年を通して贈り続ける、ホームタウン・ニューヨークへの長いラブレターの第1弾である、2021 springキャンペーンを2月17日に公開した。同キャンペーンは、ニューヨーク生まれのストリートフォトグラファー、ガス・パウエル(Gus Powell)によって撮影され、モデルのリンジー・ウィクソン(Lindsey Wixson)とグローバルアンバサダーの渡辺直美、そしてローカルのニューヨーカーであり、実生活のカップルでもある4名が登場。

このキャンペーンで主役となるのは、ブランドのアイコンシリーズ「スペード フラワー」の新作ジャカードコレクションだ。今シーズンは、より広い用途で使いやすく、かつ大胆さも兼ね備え、思いがけずに中立的な、美しいネイビーの配色で登場する。2018年に「ケイト・スペード ニューヨーク」のクリエイティブディレクターに就任したニコラ・グラス(Nicola Glass)は、初めにブランドのシンボル「スペード」そのものに着目し、花びらに見立てたスペード4枚を組み合わせたフラワーモチーフをリピートすることで、スペードの持つ無限の可能性を表現したユニークなフローラルパターン「スペードフラワー」など、スペードを新しい形で表現したシグネチャーアイコンを生み出した。そして、これらの進化したスペードは、カテゴリーの枠を越え、ときに大胆に、ときにささやかに、デザインの一部として登場してきた。この春のコレクションでは、ブランドの「スペード フラワー ジャカード」シリーズが更に進化を遂げ、チェーンショルダーバッグのロケットとミニトップハンドルバッグのレメディの2つのシルエットが、新たにグループに加わった。100年以上に亘ってジャカードを生産し続けてきた、イタリア北部にある、家族経営の老舗ファブリックメーカーのリモンタ(LIMONTA)とともに開発したジャカード織のファブリックを使用したコレクションは、全てを包み込む大容量のトートバッグから、必要なものが全て収まる日常使いに最適なクロスボディバッグまで、エブリディバッグ5型がラインアップする。

2021 springの新作「スペード フラワージャカード コレクション」は、2月17日より、福岡岩田屋のポップアップショップ、伊勢丹新宿店および公式オンラインストアにて先行販売をスタートし、2月22日より、全国の「ケイト・スペード ニューヨーク」ストアにて発売する。

READ MORE