FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

日本にいながら韓国ファッションを本格的に楽しめる通販サービス3選!

Jul 25, 2022.関根美紅Tokyo, JP
VIEW840
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

7月から韓国への観光ビザの発行が開始され、コロナが流行して以来初めて旅行が可能になった。領事館には連日、ビザ発行の手続きをしようと韓国旅行を心待ちにしていた人々が数多く訪れている。韓国旅行では現地で韓国ファッションを楽しむことができるが、渡韓するには多くの手続きを踏まなければいけず、まだまだ簡単とは言えない。そこで今回は、日本にいながら韓国の様々なセレクトショップやブランドのファッションをチェックできるサービスを紹介する。

韓国のファッションプラットフォーム「ムシンサ ストア(MUSINSA STORE)」はグローバルサイト「ムシンサ グローバル ストア(MUSINSA GLOBAL STORE)」を7月5日に開設した。「ムシンサ  グローバル ストア」では日本でも人気の高い「マルディ メクルディ(MARDI MERCREDI)」や「ディスイズネバーザット(thisisneverthat)」など、韓国ブランドのアイテムを購入できる。送料も700円と手頃で、日本にいながら韓国ファッションを楽しむのにぴったりなサービスだ。

「パステル(Pastel)」は1,000以上のショップが集まる通販アプリ。「パステル」は韓国でサービス開始後わずか2年半で総ダウンロード数1,600万を記録した「エイブリー(ABLY)」を展開するABLY社が2020年12月、日本向けにリリースした。ファッションアイテムだけでなくコスメも取り扱っている。「カジュアル」「ストリート」「ユニセックス」などスタイル別にショップ検索が可能で、スピード発送に対応しているショップや、送料無料のショップもあるためニーズに合わせた使い方ができる。

 

「コーディブック(Codiboo)」も様々なショップが集まるサイトで、アプリも展開している。「コーディブック」はコーディネート提案を日々更新していて、サイト内で「マネキン買い」ができる。販売しているアイテムから自分でコーディネートを組んでアップすることも可能。韓国で展開している「エイブリー」に入店するショップも多数あり、現地で買い物しているかのような気分になれる。様々なスタイルのショップがあり、好みに合わせてお気に入りのショップを見つけることができるサイトだ。

韓国と日本を自由に行き来できるようになるには、あとどれくらいかかるのだろうか。それまでは日本にいながら購入できるサイトやアプリを使い、韓国ファッションを楽しんでみては。

 

READ MORE