News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

日本ロレアルがテラサイクルと包括的連携でサステナビリティを加速

Feb 16, 2021.関根美紅Tokyo,JP
VIEW0
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

日本ロレアルとテラサイクルジャパンは包括的なパートナーシップを締結し、化粧品空き容器の回収の取り組みを全事業部で開始する。日本市場において、消費者を巻き込んだ循環型社会の実現を目指す。

今回の連携は、2020年6月に発表されたロレアルグループが推進する革新的なサステナビリティプログラム「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」の一環として実施され、当初3年間は日本ロレアルで展開する主要12ブランドが同取り組みに参画し、空き容器回収を随時開始する。あらゆる顧客のニーズに応えるポートフォリオを揃え、最高の製品と共に独自のブランド体験を提供するロレアルリュクス事業本部では、主要ブランドにて2021年上半期中に回収開始を予定している。同事業本部では、既にスキンケアブランドの「キールズ(Kiehl's)」事業部が、テラサイクルと提携のもと空き容器の回収を展開していたが、今回の包括的連携を機に同事業本部下で展開されている主要ブランドへ取り組みが拡大される。さらに、コンシューマープロダクツ事業本部が展開する「メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK)」では、2021年内に開始が計画されているほか、美容室向けの商品を取り扱うプロフェッショナル プロダクツ事業本部では、取引先サロンにおける使用済みカラーチューブ回収活動のテストランに向けて準備を開始する。また「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE-POSAY)」など臨床皮膚医学に基づくスキンケアブランドを展開するアクティブコスメティックス事業部は年内に容器回収を始める計画をしており、日本ロレアルの全事業部がテラサイクルとの取り組みに参画する予定だ。

テラサイクルは「捨てるという概念を捨てよう」というミッションのもと、廃棄物問題に革新的な解決策を生み出す環境ソーシャルエンタープライズだ。大手消費財メーカー、小売業者、都市、施設と協働し、使用済みのハブラシ、製品空き容器やパッケージなど、従来廃棄され埋立地か焼却所にたどり着くしかなかったモノを回収しリサイクルする事業を現在21カ国で展開している。2001 年の創業以来、サステナビリティやソーシャルベンチャー関連において200以上の賞を受賞し、慈善団体や学校に約25億円の寄付を行ってきた。

READ MORE