News
  • share with weibo

Japan|「ミズノ」が長距離ランナー向けのシューズ「WAVE DUEL NEO」を発売

Jul 1, 2020.関根美紅Tokyo,JP
VIEW157
  • share with weibo

「ミズノ(MIZUNO)」は、長距離ランナーに向けたランニングシューズ「WAVE DUEL」シリーズのトップモデルとして、「WAVE DUEL NEO(ウエーブデュエルネオ)」を7月中旬から販売する。今回発売する「WAVE DUEL NEO」は、走り方のフォームを変えずに、今まで以上に地面からの反発力が得られるシューズをテーマに開発された。ミズノが独自に開発した高反発ソール素材「MIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)」を採用し、さらに陸上スパイクの開発技術を活かしたミズノ独自の樹脂製プレート「ウエーブプレート」との組み合わせにより、反発性の向上を実現した。また、安定した走りをサポートするため、「ミズノ」のランニングシューズ史上初めて、アッパー(足甲)部分をハイカットにした。ニット素材のアッパーが足首までの一体感を高める。かかと部を支えるカウンターパーツ(芯材)を入れずにフィット感を高めることができるため、ローカットのモデル「WAVE DUEL NEO Low」と比べ、約10gの軽量化を実現した。そして、アウトソールには、軽量でグリップ力を高める『G3ソール』を採用し、地面を掴むような力強い蹴り出しをサポートする。
このシューズのプロトタイプモデルは、創価大学・嶋津雄大が2020年1月の箱根駅伝で区間新記録(10区)を獲得したときに着用していた。「WAVE DUEL NEO」とアッパーがローカットのモデル「WAVE DUELNEO Low」は、全国のミズノ品取扱店で順次販売される。

READ MORE