News
  • share with weibo

Japan|「ジョーダンブランド」と藤原ヒロシがコラボ モダンアレンジを加えたエアジョーダンが登場

Sep 7, 2020.酒井響子Tokyo,JP
VIEW1762
  • share with weibo

「ナイキ(Nike)」から、「ジョーダンブランド(Jordan Brand)」と「フラグメント デザイン(Fragment Design)」の創設者の藤原ヒロシのコラボレーションコレクション「Jordan Brand x Fragment コレクション」が登場する。今回のコラボでは、長年にわたって蓄積されたフットウェア イノベーションとストリートウェアスタイルを融合させる。藤原はラグランフリース、Tシャツ、ナイロンパンツなどのアメリカのクラシックなジムウェアを、グレーとブルーのカラーリングで仕上げた。スウェットシャツには、80年代のクラシックなスポーツウェアを思わせる特徴的な文字がデザインされたものや、ジョーダンがプレイする姿のプリントが施されている。これらのイメージは、人々の想像の中に刻まれた瞬間や、動きの中に見られる印象深い懐かしさを表現しており、今回のコレクションのコンセプトでもある、鮮烈な記憶を大切にするというメッセージを伝えている。

また、ウェアだけでなく3つのシューズもラインアップ。藤原が手がけた「エア ジョーダンⅢ」は、彼の持ち味である控えめなクラシックフットウェアの表現方法を生かしたものになっている。2004年発売のオルカパックのように、今回の「エアジョーダンⅢ」もシンプルな白と黒を使いデザインされた。ヒールカウンターには大胆なフラグメントロゴが透明のジャンプマン越しに見えるように配置されている。これは藤原氏のジャンプマンロゴへの愛情を表したもので、2つのブランドロゴの重なりが新しい美しさを感じさせる。ニュートラルグレーを地色に使った「エアジョーダンケーダンス」には、「エアジョーダンⅢ」のヒールエアユニットを使用。このシューズは、シンプルでタウンユースでの履きやすさを意識しつつ、モダンなアレンジを加えたジムウェアのようなアパレルの雰囲気にも馴染む仕上がりとなっている。さらに、この秋には最新のイノベーションを搭載した「エア ジョーダン XXXV」も発売。藤原はこの「ジョーダンブランド」の最新のパフォーマンスシューズを、ブラック、ブルー、ホワイトといったクラシックなスポーツらしい色でまとめた。3つのシューズには、「フラグメント」とのコラボに共通する特徴である、モデルとシーズンを示すコードがミッドソールに小さく記載されている。

「Jordan Brand x Fragment コレクション」は、9月17日にSNKRS、NIKELAB MA5、THE CONVENI、その他一部の販売店で発売予定。また、「エア ジョーダン XXXV」は、10月28日からSNKRS、NIKELAB MA5、その他一部の販売店で発売予定だ。

 

READ MORE