News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|「ナイキ」のチャレンジャーがカラフルにリバイバル

Aug 3, 2020.酒井響子to
VIEW239
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ナイキ(NIKE)」は、「ナイキ チャレンジャー」をカラフルにリバイバルしたシューズ「ナイキ チャレンジャー OG」を発売する。1979年に発売された「ナイキ チャレンジャー」は、「テイルウィンド」や「デイブレイク」などの人気モデルと同時代のプロダクト。足幅に合わせてシューレースの調整をしやすい画期的なジグザグのハトメのパターンで、ランナーに新しいレベルの快適さとフィット感を提供した。「ナイキ」のシニアグローバルプロダクトマネージャーであるロリー・フレーザーは「この数年、ワッフルソールのモデルを良い形で展開しています。テイルウィンドOG、ワッフルレーサーやデイブレイクの再展開の後、これらと同じ時代に発売された、アッパーが少し異なる構造のモデルも展開したいと考えていました。チャレンジャーのアッパーはパネルを多めに使い、素材の切り替えも多くあるため、遊び心を生かして素材や色をこれまでよりも新しい方法に使うことができます。また、クラシック好きの人々のクローゼットにもこれまでと一味違うものを提供できることになるでしょう」と述べている。

アッパーには、ナイロン、スエードとメッシュの素材を組み合わせており、オリジナルのチャレンジャーに忠実なスタイルである一方、かかとは広めにして快適性を高めている。赤と青のカラーには黄色のミッドソールを用いて、ヘリテージな印象を意図的に作り出すとともに、クリームとセイル、ブラックとブルーの各バージョンは新しいクラシックの表現となっている。8月1日より随時「ナイキ」公式サイト、アプリ及び一部の販売店で発売予定。

READ MORE