News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「お茶と酒 たすき」が羊羹を再解釈した手土産「ヨウカンカ」を発売

Dec 8, 2020.関根美紅Tokyo,JP
VIEW102
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

喫茶「お茶と酒 たすき」は、新たな手土産ブランド「ヨウカンカ(YO KAN KA)」を 12月12日より、京都祇園、新風館、近藤悠三記念館の3店舗にて販売する。

「お茶と酒 たすき」ではこれまで西洋と東洋、故きものと新しきものを互いに尊重しながら新たな食体験を生み出してきた。

「ヨウカンカ」は羊羹を再解釈したスイーツで、ランス菓子をベースに持つパティシエがあえて羊羹作りの技法を踏襲することなく、独自の解釈で作り上げた。また、本来砂糖を多く使用し保存食としての要素があった羊羹を、砂糖を極力控えることで瑞々しさを実現している。食材の組み合わせにこだわり、お茶にもお酒にも合うスイーツとして仕上げた。

「赤ワインと無花果のヨウカンカ」「苺とミルクのヨウカンカ」「ラム酒と70%チョコレートのヨウカンカ」「ピスタチオとホワイトチョコレートのヨウカンカ」「柚子と杏のヨウカンカ」「チーズとパンのヨウカンカ」の6種類から選ぶことができる。

READ MORE