FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

資生堂ランニングクラブがプリンセス駅伝で初優勝 全日本への切符をトップで獲得

Oct 25, 2021.松井香里Tokyo,JP
VIEW0
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
資生堂公式リリースから

資生堂の実業団、資生堂ランニングクラブは10月24日、福岡県で行われた「プリンセス駅伝in宗像・福津」で、2時間16分41秒の大会新記録で初優勝した。プリンセス駅伝とは、11月28日に宮城県で行われる女子駅伝日本一決定戦のクイーンズ駅伝への出場権をかけた全国統一予選会で、全国31チームが参加した。

今大会で資生堂は、1区の木村友香が区間新記録でトップ中継を果たすと、その後3区からは独走を続け、2位の天満屋に1分21秒差をつけてフィニッシュした。また、1区の木村友香に加え、2区の樺沢和佳奈と5区の高島由香も区間新記録を更新し、近年低迷していたチームに大きな成果を残した。

資生堂ランニングクラブは、「第1回東京国際女子マラソン」が開催された1979年に発足し、「強く、速く、美しく。」を合言葉に活動を続けてきた。6月には、新監督に2004年アテネ五輪と2008年北京五輪に出場経験のある岩水嘉孝を迎え、新体制でクイーンズ駅伝での優勝を目指している。

READ MORE