News
  • share with weibo

Japan|資生堂が圧力によって肌の再生能力が覚醒することを発見

May 27, 2020.関根美紅Tokyo,JP
VIEW331
  • share with weibo

資生堂は、国際医療福祉大学・医学部形成外科学の松﨑恭一主任教授と、自治医科大学生理学研究所の共同研究により、肌に圧力を加えることによって肌が再生する可能性があることを明らかにした。皮膚を培養し、「押す」「叩く」「捻る」「伸ばす」等、様々な美容法の要素を模倣した様々な刺激を加えて効果を観察した結果、皮膚に圧力を加えることで、幹細胞リザーバーに存在する幹細胞(幹細胞マーカー陽性の細胞)が増殖することが確認された。そこでさらに圧力に着目して研究した結果、幹細胞の増殖が細胞のネットワークを構築することで、コラーゲンを生み出し、肌を再生すると考えられた。これは美容法が肌の再生に繋がる新たな可能性を示したことにもなり、資生堂はこの知見を活用し、美容法や美容器具をはじめ、様々なサービスの開発を進めていくとしている。なお同研究成果の一部は、化粧品技術者の世界大会「国際化粧品技術者会連盟ミュンヘン大会2018(IFSCC Congress 2018)」で口頭発表し、最優秀賞を受賞している。

READ MORE