News
  • share with weibo

Japan|「スピード」が“水と人との関わり”について考える展示イベントを開催

Aug 5, 2019.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW101
  • share with weibo
展示スペースのイメージ

スイムウエアブランドの「スピード(Speedo)」は、二子玉川の蔦屋家電にて書籍を通じて“水と人との関わり”について考える展示イベント「水を哲学する旅へ」を開催する。

「スピード」は、2018年にブランド創立90周年を迎えたことをきっかけに、スイムウエアを展開するブランドとして改めて“水と人との関わり”に向き合う必要があると考え、様々な面から考察を続けてきた。その一環として制作した米ジャーナリストのリン・シェール(Lynn Sherr)氏の著作「なぜ人間は泳ぐのか?」から着想を得たブランドムービー「WATER BABY」の公開を機に、より多くの人と共に“水と人との関り”についての考察を深め、新しい発見や気づきを見つける場所を作りたいと考え、今回の展示イベントの実施に至った。

展示イベントでは、初心者から国際大会に出場するトップスイマーまでに向けた、「スピード」の幅広い商品カテゴリーから連想されるキーワードで蔦屋家電のブックコンシェルジュが厳選した書籍と、「スピード」の各製品を同じ空間に融合させ、両者が考える“人と水との関わり”を表現する。ポップアップストアでは、本イベントのテーマ「水を哲学する旅へ」を基に製作したオリジナルTシャツや、書籍と併せて展示した製品などを販売する。展示イベントは2019年8月10日~8月18日まで。

READ MORE