News
  • share with weibo

Japan|青山ベルコモンズ跡地に「ジ アーガイル アオヤマ」が7月1日に開業 ホテルや「ポール・スチュアート」が出店

Jun 28, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW108
  • share with weibo

北青山の「青山ベルコモンズ」跡地に開業する「ジ アーガイル アオヤマ(the ARGYLE aoyama)」が、7月1日に開業する。

「ジ アーガイル アオヤマ」は、地上20階建てで延床面積は約23,122㎡のオフィス・ホテル・商業ゾーンからなる複合ビル。1〜2階は商業ゾーンで、紅茶専門店の「TEAPOND」や「ポール・スチュアート(Paul Stuart)」が出店。3〜4階と16〜20階には、80年代を意識したライフスタイル型のホテル「ジ アオヤマ グランド ホテル(THE AOYAMA GRAND HOTEL)」が8月に開業する予定で、江戸前寿司の「青山 鮨 かねさか」やイタリアンレストラン「トラットリア アンドレア ロッシ(TRATTORIA ANDREA ROSSI)」、ルーフトップバーなど多彩なダイニング5店舗を用意している。客室数は全42室で、ミッドセンチュリースタイルの落ち着いた雰囲気。居心地の良さにこだわった広々とした空間で、住まうような宿泊体験を楽しむことができる。また、片面窓の開放的なフロアと充実した設備を揃えた、多目的イベントスペース「AOYAMA GRAND HALL」も併設する。 5〜15階のオフィスフロアは竣工時点で満室稼働となっている。

外装は、ファッションの中心地である青山エリアらしく、縦と横の要素を織り込んで模様を紡ぎだすチェック柄やアーガイル柄をイメージしてファサードに浮かび上がらせた。低層部のデザインを切り替え、緑豊かで開放的な空間を演出することで圧迫感を抑えるとともに、周囲の街並みや景観との調和を図っている。

READ MORE