News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|「ティンバーランド」伝統のフィールドブーツと哲学を融合させたアイテムが登場

Apr 10, 2020.関根美紅Tokyo,JP
VIEW96
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
(ギャリソン トレイル ロー ハイカー) カラー:ダークグリーンメッシュ、ブラック/ブルーメッシュ、ブラックメッシュ、ミディアムグレーメッシュ 価格: 13,200円

アメリカ東海岸で生まれたアウトドアライフスタイルブランド「ティンバーランド(Timberland)」は今春、環境に対する哲学と、ブランドを象徴するアイテムの伝統やクラフトマンシップを融合された新しいコレクション「ギャルソントレイル」を発売すると発表した。「ギャルソントレイル」は、ワークブーツとハイキングシューズのハイブリッドとして1983年に誕生。世界中で“スニーカーブーツ”の愛称で知られる「ティンバーランド」を象徴するアイテム「フィールドブーツ」のクラフトマンシップと、自然保護やコミュニティへの働きかけを通してサステナブルな社会を目指すという「ティンバーランド」の哲学を融合させたコレクションだ。コレクションには、環境負荷を最低限に抑えるために、ROR (リサイクル・オーガニック・再生可能)素材を積極的に活用しながら、優れたデザイン性と機能性を兼ね備えた、フィールドブーツを彷彿とさせる4つのモデルが登場する。

「ティンバーランド」は自然保護やコミュニティへの取り組みを企業理念に掲げており、植樹やペットボトルのフットウェアへの再利用などを行い、2020年までにフットウェア製品において、リサイクル素材・オーガニック素材・再生可能素材を使ったコンポーネントが、少なくとも1点以上含まれている製品の比率を100%にするという目標達成に向けて、歩みを進めている。

READ MORE