News
  • share with weibo

Japan|「ユニクロ」のフリースが機能性やデザイン性の進化を遂げて今年も登場

Oct 3, 2020.酒井響子Tokyo,JP
VIEW12856
  • share with weibo

「ユニクロ(UNIQLO)」は10月1日、1994年の発売以来ブランドを象徴するアイテムとして進化してきたフリースを、素材や機能性の追求、シームレスに使えるデザイン、サステナブルな素材の採用など、さらなる進化を遂げた充実のラインアップで発表した。防風機能とやわらかな着心地を両立させた、メンズの「防風ボアフリースジャケット」と「防風ファーリーフリースフルジップパーカ」がメンズとウィメンズ、キッズで新登場する。トレンドのリラックスシルエットとカラーで、アクティブからタウンユースまで活躍する。ウィメンズの「スムースヤーンフリースノーカラージャケット」はラビットファー風でクリーンなスタイルも実現する。また、「ユニクロ」は「服のチカラを社会のチカラに」することを目指しサステナビリティの取り組みを推進している。その取り組みのひとつとして、回収ペットボトルから作られる再生ポリエステルを生地の30%に使用した、ファーリーフリースのジャケットとプルオーバーをメンズで発売する。さらに、2000年の50色フリース発売と同時にスタートした「ユニクロ」のオンラインストアが今年で20周年を迎えることを記念して、メンズとウィメンズから各20色、合計40色の「ファーリーフリースフルジップジャケット」をオンラインストアと一部店舗で発売する。

READ MORE