TEXTILE
  • share with weibo

三星グループ

Gifu, Japan

世界に認められた100年を超える伝統の技術

  • share with weibo

三星毛糸株式会社、三星染整株式会社、三星ケミカル株式会社の3社からなる、1887年に創業した、100年以上の歴史をもつ岐阜県の繊維メーカー。

天然素材を中心にカシミアやシルク、ウール、モヘアなど素材の特徴を引き出した服地を国内外のラグジュアリー・ブランドを含むメンズ、レディースブランドに向けて提案している。2012年からPremiere Vision Parisへ出展をはじめ、2015年には「Ermenegildo Zegna(エルメネジルドゼニア)」のMade in Japan Collectionに選出された。同年から自社ブランド「MITSUBOSHI1887(ミツボシ1887)」を展開、また製造過程で出た余り糸や布の切れ端を活用するアップサイクルプロジェクトmikketa(ミッケタ)もスタートした。

染色・整理加工を主な事業とする三星染整株式会社では、生地メーカーから委託を受け天然素材や化学繊維との混紡・交織生地など多様な生地の最終風合いを引き出す加工を行なっている。なかでも圧縮ニットなどウールニットの加工については、日本最大のウールの産地「尾洲」においても先駆け的な存在である。繊維染色で培った技術をベースに開発した合成樹脂は名だたる世界的メーカーで採用されている。

  • 三星グループ
  • 代表取締役 岩田真吾
  • 岐阜県羽島市正木町不破一色字堤外898
  • http://mitsu-boshi.jp/

MAP