BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

東京五輪汚職事件でADK社長の植野伸一容疑者らが逮捕 高橋治之容疑者は4回目の逮捕

Oct 20, 2022.セブツー編集部Tokyo,JP
VIEW248
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
ADKホールディングス前社長の植野伸一容疑者(同社公式HPから)

東京地検特捜部は10月19日、大手広告代理店のADKホールディングス社長の植野伸一容疑者(68)、元専務の久松茂治容疑者(63)、元五輪担当本部長の多田俊明容疑者(60)の3名を贈賄容疑で逮捕した。東京地検特捜部の発表によると、植野容疑者らは大会組織委員会元理事で大手広告代理店の電通の元専務・高橋治之容疑者(78)に、スポンサー契約業務などを担う販売協力代理店に選定されるよう依頼し、計約1400万円を提供した疑い。植野伸一容疑者は、栃木県出身で同志社大学商学部を卒業後、旭通信社(現・ADKホールディングス)に入社。営業局長、執行役員関西支社長などを経て、2012年に常務となり、2013年に58歳で同社社長に就任した。植野伸一容疑者は容疑を否認しているものの、19日付けで取締役および代表取締役を辞任した。後任には20日付けで大山俊哉氏が就任した。

また、東京地検特捜部は同日、ADKホールディングスから約4,700万円、大会マスコット「ミライトワ」「ソメイティ」のぬいぐるみを製造・販売したサン・アローから約700万円の賄賂を受領したとして高橋治之容疑者を受託収賄容疑で再逮捕した。逮捕は4回目となり、立件総額は約1億9600万円となった。

READ MORE