BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「バーバリー」CEOのマルコ・ゴベッティが辞任へ

Jun 28, 2021.西岡愛華Tokyo, JP
VIEW167
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
移転前の「バーバリー」の銀座の店舗(PHOTO:SEVENTIE TWO)

「バーバリー(Burberry)」は6月28日、最高経営責任者であるマルコ・ゴベッティ(Marco Gobbetti)が辞任することを明らかにした。ゴベッティは、「セリーヌ(CELINE)」の前会長兼最高経営責任者で、2017年1月の「バーバリー」入社から約5年間在籍した後、2021年末に辞任する予定だ。辞任の大きな理由には、母国であるイタリアへ戻り、家族との時間を持ちたいという本人の希望があるようだ。ジェリー・マーフィー(Gerry Murphy)会長は次のように述べている。「マルコがバーバリーに大きく貢献してくれたことに感謝します。彼は変革の影響を与え、はっきりとした目的と戦略、卓越したチーム、そして強力なブランドの勢いを確立しました。取締役会と私はマルコの決定を残念に思っていますが、20年近く海外で過ごし、今イタリアに戻りたいという彼の願望を理解し、完全に尊重しています。」

ゴベッティは、「私たちはグループとして、ブランドとビジネスを強化し、力を維持し続けています。バーバリーが再び活気づき、力強い成長への道をしっかりと歩み始めたことで、今こそが私が辞任する時だと感じています」とコメントしている。

READ MORE