BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Belgium|ドリス ヴァン ノッテンの多数株式をPuigが取得

Jun 28, 2018.Tokyo, JP
VIEW89
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
© John Dolan

スペイン・バルセロナのファッション&フレグランス企業Puig(プーチ)は6月14日、ベルギーのファッションブランド「Dries Van Noten(ドリス ヴァン ノッテン)」の多数株式を取得し、主要株主になることを発表した。ドリス本人は引き続き少数株を保有し、チーフ・クリエイティブ・オフィサー兼取締役会会長としてブランドに留まるという。

Puigは「Prada(プラダ)」や「Comme de Garçon(コム デ ギャルソン)」のフレグランスのライセンス事業を手掛けるほか、「Paco Rabanne(パコラバンヌ)」や「Nina Ricci(ニナ リッチ)」を展開し、2017年12月期の売上高は19億3500万ユーロ(約2457億円*)だった。売上高の約90%はフレグランスとビューティ分野からであり、売り上げのほとんどがプレタポルテから来ている「Dries Van Noten」との相性はどうなのか注目だ。

ドリスは”アントワープの6人(Antwerp Six)”と称される1980年代後半からファッション業界に大きな影響をもたらしたデザイナーの1人で、当時の商業的なコレクションやセレブとの関係性、広告手法にとらわれることなくブランドの独立したポジションを築いた人物。卓越した表現力に加えて、悪天候だったあるシーズンでは温かいシチューをゲストに配るなど、毎回ショーでは徹底したこだわりを見せ、LVMHなどの巨大コングロマリットの力が大きくなる中で、「Dries Van Noten」はインディペンデントブランドの一つとして存在感を放ってきた。今回の身売りは今後ブランドにどのような影響を与えるのか注目だ。

*1ユーロ=127円換算(6月28日時点)

READ MORE