BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ギャップ」がAIのスタートアップ企業を買収

Oct 9, 2021.西岡愛華Tokyo, JP
VIEW91
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ギャップ(Gap)は10月4日、米国・ニューヨークとイスラエル・テルアビブを拠点とするスタートアップ企業のCB4社(Context-Based 4 Casting Ltd.)を買収したと発表した。CB4は、最先端のAIと機械学習ツールを使用して小売業務を変革することで、売上を伸ばし、予測分析を通じて顧客体験を向上させることを目的としている。

今回の取引を先導したギャップの戦略的成長オフィス責任者のサリー・ギリガン(Sally Gilligan)は、「私たちは、人工知能と機械学習が私たちの業界の未来を形作ると信じています。ギャップは、CB4の世界クラスのデータ・サイエンティストと協力した経験があるため、彼らが販売、在庫、消費者の洞察に与える影響と幅広いアプリケーション、そして価値を解き放ち、顧客体験を向上させる可能性を理解しています」と述べている。

CB4は、スタートアップやテクノロジー企業に関する独自のデータベースを持つ市場調査会社CBインサイツ(CB Insights)が2021年2月に公開した「Retail Tech 100」ランキングにもランクインしており、世界で最も有望なB2B小売技術企業100社のうちの1社に数えられている。

買収の一環として、CB4のチームはフルタイムの従業員としてギャップに出向することになる。CB4のCEOであるヨニ・ベンショール(Yoni Benshaul)は、次のようにコメントしている。「CB4のAIは、売り上げを伸ばし、顧客体験を向上させるのに役立ちます。ギャップに入社するにあたり、私たちのチームが会社のグローバル規模でさらに広く深い影響を与える方法を見ることができてワクワクしています」。

READ MORE