BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

LVMHがメゾン・デ・スタートアップの採用を開始 高級産業向けの革新的な製品とサービスの創出を目指す

Sep 17, 2021.Tokyo, JP
VIEW77
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
©LVMH

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は9月16日、2022年1月に開始されるキャンペーン「メゾン・デ・スタートアップ(the La Maison des Startups)」に参加できるスタートアップ企業25社の採用活動を開始すると発表した。起業家は10月25日までオンラインで申し込みができる。同社は、2017年のキャンペーン創設以来、これまでに年間50社のスタートアップをサポートしてきた。過去にサポートを受けてきた企業は、ファッション系ECのALLURE SYSTEMSや、サステナブルなサボテンから革素材を作るDesserto、顔認証デバイスのLuLuLabなど、扱うモノのカテゴリーも多岐にわたる。

「メゾン・デ・スタートアップ」は、ラグジュアリー産業向けの革新的な製品とサービスの創出を目的とし、LVMHグループメゾンとスタートアップのコラボレーションを推進するキャンペーン。同キャンペーンは、ブランド認知度、データと人工知能の活用、サプライチェーンと運用、原材料の持続可能性など企業の各課題に対処するサポートを提供することで、最終的にLVMHメゾンの活動に利益をもたらすポテンシャルがある起業家を対象としている。さらに同キャンペーンは、創造性と革新性に優れたワークスペースに加えて、参加者にラグジュアリー産業とLVMHグループの75メゾンのエコシステムが直面している重要な問題について学ぶユニークな環境を提供している。

READ MORE