News
  • share with weibo

Japan|「アクオド バイ チャヌ」初のポップアップストアを阪急メンズ東京に出店

Jun 5, 2019.呉ステファニーTokyo, JP
VIEW38
  • share with weibo
「アクオド バイ チャヌ」2019年春夏コレクション

ジップ(ファスナー)をメインディテールとして使用したアイテムでかっこよさを伝える東京のブランド「アクオド バイ チャヌ(ACUOD by CHANU)」が、有楽町の阪急メンズ館6FのBASE6で、ブランド初のポップアップストアを開催している。会期は6月11日まで。ポップアップストアでは2019年春夏コレクションを中心に、これまでのシーズンのアーカイブコレクションも限定販売している。

2019年春夏コレクションの「FOREVER THRILLED」は、子供の頃にワクワクドキドキしながら遊んだオモチャや絵本、プラモデルなどからインスピレーションを得ており、都営荒川線の車両を貸し切った史上初の電車移動型展示会で話題を集めたことから、今回のポップアップ会場のBASE6でもプラレールの阪急電車を走らせた。過去シーズンのアーカイブコレクションを始め、織田信長をテーマにしたコレクション「ZIP OUT TO THE WORLD」で注目を集めたアイテムのサンプルも展示されており、完全受注生産でオーダーを受け付けている。「アクオド バイ チャヌ」は、2016年に韓国人デザイナーの李燦雨(イ・チャヌ)が立ち上げた、ユニセックス・ストリートウェアブランド。2019年春夏コレクションのショーでは、レゴブロックを使用したヘアスタイルから衣装、そして俳優の城田優、インフルエンサーなどをモデルとして起用したことで話題になった

READ MORE