FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アオキ」の「パジャマスーツ」に襟付きバージョンが新登場 海外サッカークラブのオフィシャルスーツにも採用

Sep 13, 2021.松井香里Tokyo,JP
VIEW116
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アオキ(AOKI)」は、テレワーク用のスーツとして販売している「パジャマスーツ」の襟付きバージョン「ラペル付きパジャマスーツ」を、全国の「アオキ」と「アオキ」公式オンラインショップで販売開始した。

「パジャマスーツ」は、コロナ禍でリモートワークが普及し、自宅で在宅勤務をする人に向けて制作されたシリーズ。ゆったりとした着心地ながらスーツのようなきちんと感を演出してくれるため、家でリモート会議の増えたビジネスマンの間で大ヒット。コロナ禍でスーツ業界の業績が振るわない中、2020年11月の販売から3万着以上、通常のスーツの3倍以上の売り上げを突破している。

今回、新たに発売されるのは、その「パジャマスーツ」に襟がつけられた「パジャマスーツ(ミラノリブ)」。今まではノンカラータイプの物を販売していたが、それに対して「襟付きが欲しい」という使用者の声に応える形での発売となった。襟がつけられたことでさらにきちんとした印象が加えられ、またパンツにはノータックタイプが採用されることで美しいシルエットを演出するアイテムに仕上がった。それぞれ価格は、ジャケットが8,789円、パンツは7,689円。また、この「パジャマスーツ(ミラノリブ)」は、サッカー男子東京五輪代表の橋岡大樹ら日本人選手も所属するベルギー1部リーグ「シント=トロイデンVV」のオフィシャルスーツにも採用されている。着心地の良さとフォーマルさを兼ね備えたこのアイテムは、これからのリモート入社式シーズンにも大活躍しそう。

READ MORE