News
  • share with weibo

Global|「バーバリー」がビクトリア朝時代にインスパイアされた2020年春夏コレクションを発表

Sep 18, 2019.伊東花歩Tokyo,JP
VIEW29
  • share with weibo

「バーバリー(Burberry)」は9月16日(イギリス時間)、ロンドンの広大なシアターで2020年春夏コレクション「エボリューション」を発表した。

今回のコレクションは、「バーバリー」が設立されたビクトリア朝時代に影響を受けており、新しいハウスコードを祝している。クラシックな素材に革新的なテクニックが融合され、絞ったウエストやデザイン性の高い袖などのビクトリア朝にインスパイアされたシルエットに、流れるような生地や取り外しが可能で長さの調節ができる裾など、ハイブリッドなディテールがメンズ、ウィメンズ共に散りばめられている。ショー会場は、中央に巨大なミラーキューブが設置され、ビクトリア朝にインスパイアされたサウンドシステムと、あえて錆びさせたような床と天井という演出。その空間はコレクション自体の色合いを反映させ、ホワイト、グレー、シルバーなどニュートラルなアースカラーで仕上げられた。

ゲストには、ナオミ・キャンベル(Naomi Elaine Campbell)、デュア・リパ(Dua Lipa)、FKAツイッグス(FKA twigs)、リリー・ジェームズ(Lily James)、タロン・エガートン(Taron David Egerton)、ジョーダン・スペンス(Jordan Spence)など、ファッション、音楽、映画、スポーツの各界を代表するゲストたちに加え、ブランドのアンバサダーを務めるチョウ・ドンユィとユ・アインも参加した。ランウェイでは、初登場となったベラ・ハディッド(Bella Hadid)や妹のジジ・ハディッド(Gigi Hadid)、ロンドン・ファッション・ウィークに7年ぶりの登場となったアギネス・ディーン(Agyness Deyn)らが登場した。

READ MORE