FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

東京ディズニーシー新エリアオープン 初日は開園30分で入場パス完売

Jun 6, 2024.鈴木有咲Tokyo,JP
VIEW288
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
東京ディズニーリゾート公式インスタグラムより

東京ディズニーシーの新テーマポート「ファンタジースプリングス」が6月6日にオープンした。2018年6月にポート開発が発表されてから5年が経ち、ディズニーファン待望の日となった。

東京ディズニーシー8番目のポートとなる「ファンタジースプリングス」は、映画『アナと雪の女王』で描かれたアレンデール王国を再現した「フローズンキングダム」、映画『ピーターパン』の世界を体験できる「ピーターパンのネバーランド」、映画『塔の上のラプンツェル』で主人公ラプンツェルが暮らす渓谷を再現した「ラプンツェルの森」と3つのエリアから構成される。それぞれのエリアでは物語の名シーンを追体験できるアトラクションやレストランを楽しむことができる。また、パーク一体型ホテル「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」もポート内にオープンした。

「ファンタジースプリングス」への入場には、パークチケットの他に対象アトラクションのパスが必要となる。対象アトラクションパスはシーに入園後に取得することができ、無料の「スタンバイパス」と有料の「ディズニー・プレミアアクセス」の二種類がある。パーク内ホテルの「ホテルミラコスタ」か「ファンタジースプリングスホテル」宿泊者は一般ゲストより15分早く入園できるため、チケット取得に有利だ。「ファンタジースプリングスホテル」宿泊者限定で、新エリアのすべてのアトラクションを楽しめる1日チケット「ファンタジースプリングス・マジック」も発売される。チケット価格は2万円台で混雑状況により変動する。オープン初日となった6日は午前8時台に全てのチケットが完売した。

オープン前から、パークオフィシャルファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」限定で建設中エリアを見学できる特別企画が開催されたり、プレビューチケットが発売されたりするなど、様々なイベントを通して新エリアオープンが盛り上げられてきた。

ファン待望の新エリアということで、しばらくの間、エリア入場チケットは争奪戦が続くだろう。

READ MORE