FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「グッチ」がDAOに初参入 独自のギャラリー空間「ヴォールト アート スぺース」でNFT作品を販売

Jun 24, 2022.岩見光Tokyo,JP
VIEW196
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「グッチ(Gucci)」は、NFTマーケットプレイスであるスーパーレア(SuperRare)との提携を通して、29人のアーティストによるNFTアート作品を集めた展覧会「ヴォールト アート スぺース(Vault Art Space)」を開催する。

ヴォールト(Vault)は、「グッチ」がブランド創設100周年を迎えた2021年に公開した厳選した唯一無二のアイテムを紹介するオンラインコンセプトストア。希少なヴィンテージ品やセカンドハンドの製品に加え、クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)が招聘したデザイナーたちが手掛ける作品などを展開している。アイテムは年に数回、定期的に数量限定で発表され、常に高級感のあるラインナップを展開している。2018年に設立されたスーパーレアは、ユーザーがコードを書くことなくデジタルコレクティブルで取引できるオンラインキュレーションマーケットプレイスだ。 1点もののアート作品を取り扱うというコンセプトのもと、高品質なデジタルアートを取り扱っている。また、設立当初からアーティスト自身が自分の作品を管理し、新しい方法で成功できるように支援している。これまでに、スーパーレアのプラットフォーム上で取引されたNFTアート作品の総額は3億米ドル相当を超える。

「The Next 100 Years of Gucci(グッチの次なる100年)」と題されたヴォールト アート スぺース初の展覧会では、「グッチ」の伝統と未来を考えるNFTアート作品が公開される。本展の展示とオークションは3回に分けて開催され、第1回目は6月23日から7月1日、第2回は7月7日から7月15日、第3回は7月21から7月29日を予定している。また、販売はすべて仮想通貨イーサリアムで行う。本展は、伝統的な表現からデジタルアートの世界へと踏み出したクリエイターや、これまでに「グッチ」がコラボレーションしてきたアーティスト、新進気鋭のアーティストまで、厳選した29名の多彩なアーティストが揃った。また、本展では、多様な視点を取り入れながらブランドの世界を広げ続けるという、アレッサンドロ・ミケーレによる「グッチ」のビジョンを体現する。

また、「グッチ」は、スーパーレアとの提携を通して、DAO(分散型自律組織)が発行する非代替性トークン $RARE を保有することによりDAOに初参入した。DAOとは、Web3におけるアートキュレーションに特化した、ブロックチェーン上で世界中の人々が協力して管理・運営される組織である。

 

READ MORE