FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

木村拓哉をアンバサダーに起用し、ラグジュアリーゴルフ市場を開拓した「マーク&ロナ」に注目

Sep 7, 2022.岩見光Tokyo,JP
VIEW4115
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ゴルフウェア「マーク&ロナ(MARK & LONA)」を運営する株式会社キューブは、東京証券取引所から東証グロース市場への新規上場が9月5日に承認された。上場日は10月7日を予定している。コロナ禍でゴルフブランドの売り上げが好調だが、ラグジュアリーゴルフ市場を開拓し今期の売上高が前年比34.7%増の52億5300万円を見込む同社の「マーク&ロナ」はその筆頭のひとつにあげられる。

同社は1994年設立し、「マーク&ロナ」の企画、並びに小売・卸売事業に注力している。2008年に米国ロサンゼルスでスタートした「マーク&ロナ」は、百貨店やスポーツ専門店で販売されており、東京の表参道ヒルズや六本木ヒルズに直営店を構える。2018年のブランド設立10周年を機に、ブランド初のアンバサダーとして木村拓哉を起用し、30代〜50代からの支持を得ている。毎シーズン展開されているコラボレーションは、「ポケモン」などの世界的に著名なキャラクターからミュージシャン、マニアックなゴルフギアからフィギュアまで幅広く展開している。「ゴルフに自由を」をスローガンに世界に向けさらなる挑戦と改革を発信している。

「マーク&ロナ」は、木村拓哉が出演するCM「make my day 2022」を5月27日から公開しており、月ごとに2022年のコレクションとサステナビリティコレクション「I AM WHAT I AM」を着こなす木村拓哉の「ある1日」を、時間軸に沿いながら追いかけるストーリーが展開されている。CM内で木村拓哉は安定感抜群のショットを披露するなど、真剣にゴルフを楽しむ貴重な姿も見せている。

2022年春夏コレクションでは、木村拓哉が月ごとに異なるコーディネートを着こなす「タイムトラベラー(TIME TRAVELER)」をラインアップ。第1弾から第5弾まで展開された。シーズンテーマ「タイムトラベラー」を象徴する時空の歪みを表現したグラフィックと、タイダイ染め風のカモフラージュプリントを施したリバーシブル仕様のスタンドブルゾンなどが登場。高密度のストレッチタフタ素材を採用し適度なストレッチ性、マットな質感、耐久性が特徴だ。また、非常に軽量で動きやすくフレキシブルなプレーが可能。

現在展開中の2022年秋冬コレクションでは、1890年のパリをテーマに、木村拓哉が着こなすコレクション「パリ(PARIS)」のラインアップを月ごとに紹介している。フランス国王の紋章でもあるフルール・ド・リス(ユリの紋章)やエッフェル塔などパリを象徴するアイコンとセピアカラーを用いたレトロでロマンチックなコレクションとなっている。第1弾で木村拓哉は、高い防水性と透湿性を兼ね備えた機能素材を使用した軽量アウターを着用。コンパクトながらも動きやすいよう適度なゆとりをもたせ、上品なシルエットに仕上がっている。ボディラインに無理なくフィットし、動きやすさと防寒性を意識した構造。

第2弾では、季節の変わり目や避暑地でも役立つベストが登場。1枚あると着こなしの幅も広がる。ボトムスには、エンボス加工を施した柔らかな風合いと高いストレッチ性をもつテクニカルな素材のスリムフィットパンツや、ロゴとスカルをチェック状に組み合わせたモノグラムをプリントしたバッグをラインアップ。ヴィンテージな雰囲気を演出するワッペンを旅の思い出のステッカーのように貼り付けた遊び心のあるデザインが特徴。また、シューズは全面に撥水加工を施したアッパーを使用しているため、小雨や雨上がりのラウンドでも活躍する。いずれの商品もシンプルな機能美による高級感と存在感のある仕上がり。

 

READ MORE