FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「マメ クロゴウチ」が初の単独展覧会を長野県立美術館で開催 

Jun 8, 2021.西岡愛華Tokyo, JP
VIEW106
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「マメ クロゴウチ(Mame Kurogouchi)」は、ブランド初となる単独での展覧会を長野県立美術館(旧信濃美術館)で開催すると発表した。同ブランドは、長野県出身のデザイナー黒河内真衣子が2010年に設立し、2018年以降はパリコレクションでも発表を行なっている。

今回の展覧会は「テン マメ クロゴウチ(10 Mame Kurogouchi)」と題され、黒河内の10年間に及ぶ創作の背後にある複雑な要素が視覚化され、紹介される。過去に発表されたコレクションに共通するキーワードや、黒河内が記したダイアリー、着想源となったアイテムなどからブランドの思想の根底を読み解くことができる空間となっている。黒河内の最も初源的なルーツである長野の地がクリエイションの源泉の案内役を担う。今回展覧会が開かれる美術館は4月に新築オープンしたばかりで、同館と併設の東山魁夷館両館共通のスタッフユニフォームも黒河内がデザインを手がけた。

■ 10 Mame Kurogouchi
会期:06月19日(土)〜 8月15日(日)
会場:長野県立美術館(長野県長野市箱清水1−4−4)展示室3
開館時間:09:00〜 17:00(展示室入場は16:30まで)
休館日:水曜日
観覧料:一般 500円/高校生以下18歳未満 無料/東山魁夷館との共通観覧料 一般 800円
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付き添い1名は無料。
主催:長野県、長野県立美術館
共催:株式会社黒河内デザイン事務所、長野県教育委員会
協力:GALLERY - SIGN、公益財団法人致道博物館、有限会社弘前こぎん研究所、モレスキン・ジャパン株式会社

READ MORE