FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ライアン・ゴズリングが「タグ・ホイヤー」のアンバサダーに就任

Oct 9, 2021.西岡愛華Tokyo, JP
VIEW50
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
© ARR

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は10月7日、スイスの高級時計ブランド「タグ・ホイヤー(TAG Heuer)」の新アンバサダーにライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)が就任したと発表した。彼がブランドとパートナーシップを契約するのは今回が初めて。

ゴズリングは、「タグ・ホイヤー」のアンバサダーとしてのメゾンの家族に加わることに熱意を示しており、「タグ・ホイヤーは、160年以上にわたり、その分野における卓越性の古典的かつ象徴的な柱であり続けてきました。彼らとのパートナーシップ契約は簡単な決断であり、一般的に、時間は私が今よく考えていることです。私の子供たちは急速に成長しているので、私は今までにない方法で時計に注目しています」とコメントしている。

そして今回、ゴズリングが厳選した写真家、パリ・ドゥコビッチ(Pari Dukovic)を迎えてのコラボレーションも実現し、鮮やかなビジュアルを備えたキャンペーンが公開されている。キャンペーンの作品について、ドゥコビッチは次のようにコメントしています。「ライアンは、まったく新しいことをしたいと言いました。色には感情があり、それはまったく予想外です。これらのポートレートを作成することは、時代を超越したタイムリーなものを同時に作成することでした。タグ・ホイヤーの時計は時代を超えた品質を備えており、まさにそれがキャンペーンで表現したかったことです」。

映画『ドライヴ(Drive)』の主演俳優との新しいパートナーシップのために、スイスの時計職人は、ブランドのモーターレースの伝統を紹介するスポーティでエレガントなモデルである「タグホイヤー カレラ スリー ハンズ ウォッチ(​​TAG Heuer Carrera Three Hands watch)」を特集している。創設者の曾孫でCEOでのジャック・ホイヤー(Jack Heuer)が1963年にモデルを発表した際、「彼は一目で時間がわかる時計を必要とするレーシングドライバーにとって理想的な時計を作りたかった」と述べている。 13の新しいコレクションは、ホロロジカルアイコンを、「TAG Heuer Carrera Day Date」の41mm、14mm、39mm、29mmという4つのバージョンで再解釈する。ブランドのモットーである「Don’t Crack Under Pressure(プレッシャーに負けるな)」捉えた特別版となっている。

READ MORE