FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

前澤友作氏がついに宇宙へ出発 搭乗した宇宙船には「MZ」のマークが

Dec 8, 2021.松井香里Tokyo,JP
VIEW117
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
前澤友作氏の公式YouTubeチャンネル「Yusaku Maezawa『MZ』」から

前澤友作氏が12月8日午後4時半(日本時間)ごろ、ロシア製の宇宙船「ソユーズ」でついに宇宙へと飛び立った。前澤氏は、12月20日までの12日間、国際宇宙ステーション(ISS)に自費滞在する。前澤氏はこの出発に向けて、ロシアで約100日間にわたる訓練を受け、その後ロシアの宇宙船基地があるカザフスタンで最終調整を進めていた。前澤氏が搭乗した「ソユーズ」には、「MaeZawa」の「MZ」をつなげたマークが書かれている。船長は、ロシアの宇宙飛行士であるアレクサンダー・ミシュルキン(Alexander Misurkin)氏が務め、前澤氏のアシスタントとして平野陽三氏も同行する。ISSに日本の民間人が滞在するのはこれが初となる。

前澤氏のTwitterフォロワー数は、日本では最多の1,056万人(12月8日現在)だ。今回の宇宙旅行に向けて、トレーニングの様子やロケット内部の様子もTwitterで発信してきた。出発当日の12月8日の朝には、「おはようございます。9時間後くらいには打ち上げです。これから体を入念に洗って、皮膚を消毒して、専用の下着をフライトスーツに着替えて、打ち上げ場所近くに移動して、宇宙服に着替えて、打ち上げ台に向かい、ロケットに乗り込みます」と、打ち上げ当日のスケジュールを事細かにツイートした。出発直前には「これ以上地上ではスマホできないので、次のツイートは宇宙からになります。それでは、行ってきます」と呟いた。宇宙からのツイート第1号はどんな言葉になるのだろうか。

前澤氏は、自身の公式YouTubeチャンネル「Yusaku Maezawa『MZ』」で、ロケット打ち上げの瞬間を生中継で公開した。この前澤氏の出発に際して、宇宙飛行士の古川聡氏や山崎直子氏、シンガーの矢野顕子氏など、各界の著名人がTwitterで応援の言葉を発信している。

READ MORE