FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「カルティエ」が表参道でフレグランスのポップアップをオープン メゾン初のフレグランスキャンドルも発売

Oct 19, 2022.岩見光Tokyo,JP
VIEW77
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「カルティエ(Cartier)」は、表参道交差点にフレグランスが一堂に集結したポップアップストアを日本で初めてオープンした。開催期間は10月19日から31日まで。

「カルティエ」専属調香師のマチルド・ローラン(Mathilde Laurent)は、フレグランスを目には見えないジュエリー(インビジブルジュエリー)と捉え、意味性や詩情、イマジネーションや創造性を加味し、フレグランスを通してメゾンのスタイルを表現している。本ポップアップでは、マチルド・ローランのフレグランスに対するビジョンを体現したコレクションや、時間の流れと感情にインスピレーションを受けた「レ ズール ドゥ パルファン」、東洋を象徴する魅惑的なウードの香りを追求した「レ ズール ヴォワイヤジューズ」や、自然のみずみずしさをとらえた「レ ゼピュール ドゥ パルファン」などの3つのラインを中心に香りの世界を堪能することができる。また、ガラス製のリフィルに入れて持ち運びのできる香りのオブジェ「レ ネセセール ア パルファン カルティエ」をはじめ、「カルティエ」を代表するフレグランスも用意。

本ポップアップでは、メゾン初となるフレグランスキャンドル「レ ゼクラン パルフュメ カルティエ」を先行発売する。花びら、砂漠、林冠、雪と名付けられた4つの香りは、やさしく包み込むようなまるで自然の中で過ごす幸福感が特徴。「カルティエ」のレッドボックスのデザインともリンクする美しいポーセリン製。各キャンドルの価格は25,575円(雪の香りは2023年1月発売予定)。また、テーブルウェアやクッションなどのホームコレクションも展開している。

 

READ MORE