FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

20代女性の4割が出社増 「GU」が働く女性のために5日分のワードローブを提案

Aug 29, 2022.岩見光Tokyo,JP
VIEW89
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「GU」は、働く女性の通勤服に関する悩みを解決することを目的とした新キャンペーン「GU 1 week Wardrobe」を8月29日から公式オンラインストアで開始する。本キャンペーンでは、ファッション性、着回し、そして低価格をテーマに1週間(平日5日間)のワードローブを15,000円以下で提案する。オフィスシーンに最適な「GU」の「シック&シティ(CHIC&CITY)」のコレクションが中心となる。

「GU」は、消費者のリアルな声を把握するために、全国の20代から50代の女性を対象とした「コロナ禍以前と比較した通勤服やファッションに関する調査」を実施した(調査期間は8月10日から8月15日)。本調査により、コロナ禍で被服費の支出が大幅に減少していることがわかった。また一方で、出社機会が以前よりも増加してきたことから、被服費における消費者ニーズも変化していることもわかった。

本調査では、20代の4割が昨年のコロナによる外出制限があった時期と比較して「出社が増えた」と回答した。これは、20代から50代の年代別で最も多い結果である。コロナ禍以前と比較してコロナ禍中の支出で減少したものとして、「交際費」「娯楽費」「被服費」の3つがトップにランクインしている。そのなかでも、「被服費」が減少したと回答した人のうち、1ヵ月あたりの被服費平均額はコロナ禍以前は12,291円だったのに対し、コロナ禍中は5,882円と半額以下にまで大幅に減少している。また、約2割の人が「トレンドの服がない」や「通勤服が不足している」と回答しており、半数以上に人が「着回しやすさ」を通勤服に求めていることもわかった。「価格」や「着心地」を求めているという回答も見られ、低価格ながらも着回しができるアイテムが重要視されている傾向が明らかになった。本調査結果をもとに、本キャンペーンでは、出社機会が増加したものの、コロナ禍により被服費を減らしたことでトレンドの服がなく、通勤服が不足しているという働く女性の悩みに寄り添う。「GU」は、今後も日々変化する消費者のニーズに応え、ファッションを通して豊かなライフスタイルを提案する。

また、本キャンペーン開始と同時にGU銀座店で通勤電車をイメージした特設展示とともに、4週間にわたって1週間ごとに異なる着回しコーディネートを展示するポップアップを9月25日まで開催する。本キャンペーン期間中に1週間の着回しコーディネート一式を購入した方には、限定で「マシュマロパンプス」1足をプレゼントする。

 

READ MORE