FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

梶芽衣子が50年ぶりに「女囚さそり」の松島ナミ役で「ブラックスキャンダル ヨウジヤマモト」のイメージモデルに

May 20, 2022.大澤文Tokyo, JP
VIEW0
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ブラックスキャンダル ヨウジヤマモト(BLACK Scandal Yohji Yamamoto)」は、1972年にスタートした東映映画「女囚さそり」シリーズ4作品のビジュアルをモチーフとしたコレクションを、5月24日から全国の「ヨウジヤマモト プールオム(Yohji Yamamoto POUR HOMME)」と公式ウェブストアで発売する。

「ブラックスキャンダル ヨウジヤマモト」は、ブランドを象徴する「ブラック」に、時にスキャンダラス、時に自嘲的な含蓄のある強いメッセージやアートモチーフを「Flavor(色をつける)」要素として加えた、プリントアイテム中心のライン。

今回コラボレーションした「女囚さそり」シリーズは、篠原かおるの漫画「さそり」を原作として、梶芽衣子が演じる「さそり」こと松島ナミが、復讐や非常な権力に怨念を燃やしていく映画だ。発売されるコレクションでは、シリーズ第1弾「女囚701号さそり」、第2弾「女囚さそり 第41雑居房」、第3弾「女囚さそり けもの部屋」、第4弾「女囚さそり701号怨み節」の4作品のビジュアルがモチーフとして使用されている。4作品から抜粋した松島ナミのビジュアルを大胆にプリントしたデザインで、美しくも冷徹なナミの魅力をグラフィックで表現している。

青を差し色としたニット「女囚さそり けもの部屋」(69,300円)や大胆な赤色が印象的なニット「女囚さそり 701号怨み節」(69,300円)など、16点のアイテムを展開する。また、キービジュアルモデルには松島ナミを演じた梶芽衣子を起用。「50年前が甦って、50年後の成れの果てがとんでもなく照れくさい」と梶はコメントしている。

READ MORE