FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ナイキ」が二酸化炭素排出量を抑える素材制作技術「ナイキ フォワード」を開発

Sep 8, 2022.岩見光Tokyo,JP
VIEW56
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ナイキ(NIKE)」は、新たな素材制作技術としてイノベーション・プラットフォーム「ナイキ フォワード(Nike Forward)」を発表した。 汗を逃して素材の表面に分散し、すばやく蒸発させることで自然な体温調節をサポートする「ドライフィット(Dri-FIT)」テクノロジー以来の重要なアパレル・イノベーションとなる。また、二酸化炭素や廃棄物の排出量ゼロを目指す「ナイキ」の包括的な取り組み「Move to Zero」の一環で、「ナイキ」が使用している従来のニットフリースと比較すると二酸化炭素排出量を平均で75%削減可能。

「ナイキ フォワード」は、開発に5年以上の歳月をかけ、ニードルパンチの機械にアレンジを加えることで、繊維を重ねて絡み合わせてニットでも布帛でもない複数の繊維のマイクロレイヤーによる生地を生成した。繊維素材生産の工程を簡素化しているため、短時間で製造でき、その分エネルギー使用量を大幅に抑えることができる。そして、繊維のレイヤーの数と構成を変えることで、パフォーマンス用やライフスタイル用などそれぞれ求められる特徴に向けて生地のアレンジも可能。

「ナイキ」のアパレル イノベーション VPのジャネット・ニコル(Janet Nicol)は「『ナイキ フォワード』のような画期的なプラットフォームが、地球やスポーツの未来を守るため、『ナイキ』におけるイノベーションのカルチャーをさらに加速させていく」とコメントしている。

「ナイキ フォワード」を用いたファーストアイテムは、ライフスタイルとスポーツとも馴染み深いグレーのフーディー(1万8150円)とクルーネック(1万5400円)をラインアップ。クルーネックは、保温性に優れた「Therma-FIT ADV」の機能性を備えている。デザインはサステナブル精神に基づいており、フーディーのポケットは生地に切れ込みを入れたような切りっぱなし仕様。アイテムがリサイクルしやすいように、パーツの数を減らしている。また、染色工程を省き、素材そのままのカラーで製作することで、水の使用量をゼロに抑えた。

本ファーストプロダクトは、9月17日から「ナイキ」の公式オンラインストアおよび「ナイキ」アプリ、一部の「ナイキ」取扱店で販売される。

 

READ MORE