FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ティンバーランド」と「ベイプ®」がコラボ 90年代リバイバルで伝説のストリートブランドがタッグ

Aug 19, 2021.山本凛Tokyo, JP
VIEW56
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「ティンバーランド(Timberland)」は、「A BATHING APE®(アベイシングエイプ®)」とコラボレーションし、2足のシューズを8月21日に発売する。ベースモデルとなるのは「ティンバーランド」の永遠のアイコンシューズの「スリーアイ クラシックラグ」と「プレミアム ウォータープルーフ チャッカブーツ」だ。
 
どちらも「ティンバーランド」オリジナルのシルエットデザインやアイコンカラー、こだわりの手縫い製法はそのままに、「ベイプ」といえばの迷彩柄の「ベイプカモ」や「ベイプ®」ならではのカラーリングが取り入れられている。「スリーアイ クラシックラグ」は80年代から90年代にかけてブームを起こした「渋カジ」のマストアイテムとして大流行し、今では「ティンバーランド」定番の型となっている。そんな「スリーアイ クラシックラグ」のボディをさりげなく「ベイプカモ」に染め上げ、さらにシューレースもポップなグリーンに変更している。「プレミアム ウォータープルーフ チャッカブーツ」はデザインや強度などはそのままに、「ベイプ®」の有名なスニーカー「ベイプスタ」の星モチーフロゴを取り入れ、そのロゴとボディに「ベイプカモ」を導入している。また「グリーンな未来」を目指す「ティンバーランド」の信念に基づき、環境に配慮していることが認められたタンナリー(皮革工場)から調達した「ベターレザー」をはじめとして地球に優しい素材を用いている。
 
「ティンバーランド」も「ベイプ®」も90年代のファッション業界を牽引していた代表的なブランドだ。「ティンバーランド」は90年代前半の「渋カジ」ブームで圧倒的な人気をほこり、紺ブレにデニム、「ティンバーランド」のシューズは若者の制服だった。90年代後半に流行するのが「ベイプ®」。「渋カジ」ブームからバトンを受け取るようにして次の流行となる「裏原」ブームの火付け役となった。「ベイプ®」オリジナルキャラクターの「エイプ」という猿が街中に溢れるようになったのだ。このように90年代のスタイルを象徴する両ブランドが、今回コラボレーションした。90年代リバイバルのストリートスタイルが脚光を浴びている今、絶対に見逃せないタッグだ。
 
価格は「スリーアイ クラシックラグ」が税込20,900円で、「プレミアム ウォータープルーフ チャッカブーツ」が税込22,000円だ。

READ MORE