News
  • share with weibo

China|Tmall「双11」のアパレル&コスメ部門の売上トップ10発表

Nov 12, 2018.戴 思斉Beijing, CN
VIEW345
  • share with weibo

毎年開催される中国最大級ショッピングカーニバル「双11」の幕が下りた。Tmallの2018年「双11」の売上高は2130億元(約3兆4880億円*)で、2017年より約27%増加した。また、2分5秒間で100億元(約1637億円*)を達成し、11日の午前1時47分26秒で1000億元(約1兆6367億円*)を達成した。午後15時49分39秒には、「2017年Tmall双11」の売上の1682億元(約2兆7530億円*)の記録を破った。

公式データによると、イベント開始後30分以内に「1億元売上高」リストに入ったアパレルブランドは、「UNIQLO(ユニクロ)」「adidas(アディダス)」「森馬(Semir)」「JACK&JONES(ジャック&ジョーンズ)」「百丽(Belle)」「GXG(ジーエクスジー)」「ONLY(オンリー)」「Camel(キャメル)」「Bosideng(ボジディング)」「VERO MODA(ヴェロモーダ)」で、コスメブランドは「Procter & Gamble(プロクター&ギャンブル)」と「PECHOIN(百雀羚)」 だった。11日の12時までに中国地方で多く買い物をした地域は1位が広東省、2位は浙江省、3位は江蘇省で、北京と上海はそれぞれ4位と5位だった。

下の表は、レディース、メンズ、コスメの売り上げランキングで、レディースの首位は日本のブランド「UNIQLO」で、2位は中国のブランド「ONLY」、3位はデンマークのブランド「VERO MODA」、スペインのブランド「ZARA」は10位となった。メンズの首位も「UNIQLO」で、2位は中国のブランド「GXG」、3位は中国のブランドの「PEACEBIRD」 、スウェーデンのブランド「JACK&JONES」が5位だった。コスメの首位はフランスのブランド「Lancome」 、2位はアメリカのブランド「Olay」、3位はフランスのブランド「L’oreal」、日本のブランド「SK-Ⅱ」は5位、韓国ブランドの「Innisfree」は10位だった。

*1中国元=16.38円で換算(11月12日時点)

  • 高村 学

    株式会社Minimal 代表取締役/SEVENTIE TWO パブリッシング・ディレクター

    アパレル部門は、メンズ、ウィメンズともに「UNIQLO」が売上高第1位に、コスメ部門では「Lancome」が第1位に。

READ MORE