News
  • share with weibo

China|「双11」が間もなく開催 昨年は1日で2兆7000億円以上を売り上げる

Nov 2, 2018.丁 雪晴Beijing, CN
VIEW71
  • share with weibo

中国最大級ショッピングカーニバル「双11」(日本ではダブルイレブンと呼ぶ)の季節が今年もやってきた。「双11」とは元々、毎年11月11日に若い男女が独身であることをお祝いするための記念日であったが、2009年からアリババ・グループ(BtoCサイトのTmall、CtoCサイトのタオバオを運営する会社)が「双11」をテーマにした販促イベントを開始した。去年の「双11」ではTmallだけで1682億元(約2兆7534億円*)の売上を突破し、14万を超える店舗がこのオンラインキャンペーンに参加した。今年はTmall、JD.com、Suning.comなどトップECサイトが予約販売が始めており、11月1日までの成績がすでに上がっている。

各サイトのビッグデータによると、Tmallが今年「双11」に参加するブランドは18万を超え、予約販売にはスキンケア、メイクアップの勢いが依然として強い。スキンケアとパーソナルケアのカテゴリーのトップ5ブランドは、「Olay(オーレイ)」「Whisper (ウィスパー)」「PECHOIN(ぺチョイン)」「L'Oréal(ロレアル)」「freeplus(フリープラス)」。メイクアップのカテゴリーのトップ5ブランドは「Maybelline(メイベリン)」「innisfreeイニスフリー」「MAC(マック)」「CHIOTURE(チオチュア)」「SOFINAソフィーナ」。メイクアップ・アイテムの予約販売数のトップ5は、リップカラー、リップバーム、フェイスパウダー、マスカラ、クレンジングだ。

JD.comも11月1日から予約販売を始め、売上高は初日だけで60億元(約982億円*)を突破した。当サイトの統計上によると、購買金額が最も高いエリアは広東省、北京市、江蘇省、四川省、山東省で、去年と比べて売上高が最も伸びたのは河北省、河南省、山東省、チベット、広東省だった。カテゴリーで見る販売量のトップ5は、スマートフォン、パーソナルケア、シェーバー、テレビ、ニットウェア。最近注目されている「dyson(ダイソン)」のヘアスタイラーは、予約販売を開始してからわずか15秒で完売し、「L'Oréal(ロレアル)」のスキンケアセットが1分以内に5000個も売れたという。

10年前の「双11」の初年度総売上高の5000万元(約8億1850万円*)から、去年の2540億元(約4兆1580億円*)(全約20ECサイトの合計)までに急成長し、毎年の予想よりかなり上回る金額に迫っている。中国全国民にとって「双11」は年末の重要なイベントになり、世界中の小売業界にも大きな影響を与え続けている。今年の総売上は3000億元(約4兆9110億円*)を突破することに間違いないだろう。11日後に出る結果報告に注目したい。


*1中国元=
16.37円換算(2018年11月2日時点)

READ MORE