News
  • share with weibo

China|中国最大アパレル企業HLAの全貌

Jun 13, 2018.丁 雪晴Beijing, CN
VIEW2456
  • share with weibo

2017年10月の繊研新聞によると、中国上場アパレルメーカー17年上半期ランキングの1位は中国メンズブランドの「海瀾之家(HLA)」だった。「海瀾之家」は「男のクローゼット」をブランドコンセプトに、スーツからカジュアルウェアまで中国の18歳以上の成人男性をターゲットに幅広い商品を提供している。「海瀾之家」グループが今年発表した決算によると、2017年度のグループ全体の売上総額は300億人民元(約5100億円)に達し、ブランドの粗利益は182億元(約3094億円、前年比7%増)、営業利益は43.6億元(約741億円、前年比7%増)に達した。

「海瀾之家」は中国江蘇省江陰市で創業。2002年に創業者の周建平(シュウ・ケンペイ)が来日しマーケットリサーチを行った際に、日本が行っている量販式にインスパイアされ、この販売方法を中国で普及させることを決断したという。同年9月に「海瀾之家」の初の路面店を中国の南京市にオープン、中国で前例のなかった販売方法を実施するにあたって、ヨーロッパと日本に人材を派遣しマーケットについて学ばせた。その後経営は順調に成長し、2014年には上海株式市場に正式上場。2017年12月末までの総店舗数は5792店舗で中国の31省に出店しており、国内の県と市の80%以上を網羅している。昨年だけで新たに1054店舗をオープンしたが、505店舗閉店もしている。

運営当初はメンズスーツを商材にしており、キャッチコピーは「海瀾之家、スーツ自選」であった。しかし、マーケットリサーチを行った結果カジュアルウェアの充実に舵を切り、製品開発にかかる時間を短縮。かつての中国のメンズマーケットは、春秋冬は売れるが夏は不況というのが特徴だった。そこで「海瀾之家」はこの夏の空白時期を狙い、天然素材を開発し夏物の製品を大量に製作した。その結果、1年を通しての集客に成功した。現在の「海瀾之家」の製品は大きく分けて17シリーズ、5000品種もある。当初のブランドイメージは少し流行遅れの印象があったが、中国の地方都市では人気が高く、2017年からブランドアンバサダーに中国の人気若手俳優の林更新(リン・コウシン)を起用し、ブランドイメージを大幅に刷新、この施策はブランドの認知度を高め売り上げ増加に貢献した。

近年、中国内での成長だけでなく海外展開も加速させており、2017年に初めてマレーシアのクアラルンプールに出店してから、わずか1年で9店舗まで店舗数を増やした。今年5月にはシンガポールにも1号店を出店。今後はタイで店舗を展開する予定もあるという。

*1元=17円換算(6月13日時点)

 

READ MORE