BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

大創産業がシンガポールに海外初3ブランド同時オープン

May 16, 2022.伴野由佳Tokyo, JP
VIEW129
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

大創産業は5月25日、シンガポール中心地のジュロンポイントモールに、大創産業の3大ブランドである100円ショップの「ダイソー(DAISO)」、300円ショップの「スタンダードプロダクツ バイ ダイソー(Standard Products by DAISO、以下スタンダードプロダクツ)」「スリーピー(THREEPPY)」をワンフロアに同時出店する。「スタンダードプロダクツ」は今回が海外初の出店。3ブランド同時オープンは、銀座にあるマロニエゲート銀座店に続く2カ所目、そして海外での3ブランド同時出店は初となる。シンガポールには2002年に「ダイソー」が、2019年に「スリーピー」が上陸。現在は大創産業ブランドの37店が展開され、シンガポール国内の開拓は進む。

今回、海外初出店の「スタンダードプロダクツ」は、「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトに、環境に配慮した素材やサステナビリティを意識し、使い勝手や品質、ベーシックながらも洗練されたデザインを大切にする生活雑貨ブランド。日本国内の職人が作るアイテムや国産の材料で作られた商品など、日本の国内産業と深く関わり合う。このような日本と同じ製品をシンガポールのジュロンポイント店でも取り扱う予定だ。

また、「スリーピー」は「300円ではじまるハッピーな生活」をテーマに、2018年に開始したブランド。2022年4月には「あいらしい。そして私らしい。」をコンセプトに、大人可愛い雑貨を追求するブランドとして生まれ変わった。

大創産業は、「だんぜん!ダイソー」をスローガンに、膨大な数の生活必需品や趣味趣向品を扱う。主軸となっている「ダイソー」は、日本を含む世界26の国と地域に展開し、この先もさらなる海外市場の拡大を目指している。

READ MORE