News
  • share with weibo

Japan|ファーストリテイリングが8月決算で売上高2兆円突破!

Oct 12, 2018.久米川一郎Tokyo, JP
VIEW124
  • share with weibo
UNIQLO銀座店(左)ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井正氏(右)

ファーストリテイリングの2018年8月期連結決算(国際基準)が発表になった。

売上高2兆1300億6000万円(前年比+14.4%)、営業利益2362億1200万円(同+33.9%)、税引前利益2426億円7800万円(同+25.5%)、当期利益1693億7300万円(同+31.4%)だった。同社として年商2兆円を突破するのは初めてのこと。アパレル不況下で日本のアパレル企業が苦戦し、「H&M(エイチアンドエム)」や「ZARA(ザラ)」を擁するINDITEX(インディテックス)もファストファッションブームが去った中でかつてのような勢いを感じなくなった中での好決算で、改めて同社の強さが浮き彫りになった。

また、国内「UNIQLO(ユニクロ)」事業の売上収益8647億円(前年比+6.7%)を、海外「UNIQLO」事業の売上収益8963億円(同+26.6%)が初めて上回る結果になった。「GU(ジーユー)」事業の売上収益は2118億円(同+6.4%)だった。営業利益は117億円(同−13.1%)で、増収減益だった。また、グローバル事業は売上収益1544億円(同+9.5%)、営業利益は41億円の赤字(前期は5億円の黒字)。2019年8月期の連結業予想は、売上収益2兆3000億円(前期比+8.0%)、営業利益2700億円(同+14.3%)、税引前利益2700億円(同+11.3%)。

READ MORE